スポンサーリンク

新JISについて1

2014年のME1種、ME2種で出題される安全管理に関する問題で新しいJISの問題が出題されました。
今年の臨床工学技士国家試験でも新JISが出題されると思います。
出題されると思われる範囲をまとめておきます。
まず用語が変更になりました。
1999年版(旧JIS)→2012年版(新JIS)
医用電気機器   →   ME機器
クラスⅠ機器   →   クラスⅠのME機器
クラスⅡ機器   →   クラスⅡのME機器
内部電源機器   →   内部電源ME機器
外装漏れ電流   →   接触電流
信号入出力部   →   SIP/SOP
患者漏れ電流Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ → 患者漏れ電流に統一

単一故障状態も新しくなりました。
絶縁のいずれかの一つの短絡
沿面距離又は空間距離のいずれか一つの短絡
絶縁、空間距離又は沿面距離と並列に接続している高信頼性部品以外の部品の短絡及び開路
保護接地線の開路
電源導線のいずれか1本の断線
部品の意図しない移動
危険状態に結びつく導線及びコネクタの偶然の外れによる破損

↑これらはよく出題されると思いますので覚えてください。
漏れ電流および患者測定電流の許容値も変更になりました。
まず単位が今まではmAで表記してあったのがμAでの表記になりました。
接地漏れ電流はB型、BF型、CF型の全てで10倍の正常状態5000μA(5mA)単一故障状態10000μA(10mA)に変更となりました。
まだ変更点はたくさんあるのですがまた後日説明していきたいと思います。国家試験までには新JISの記事を完成させたいと思います笑。
ME1種の試験前までには本番での解き方の記事を完成させたいと思います。
とりあえずこれを読んでくれた受験生は赤字のところだけ覚えてください。
後日追加していきます。
一度に大量に頭に入れようとせず細かく分けて必要なところだけ、繰り返し何度も覚えることが一番です。
それにしても少なすぎですね;;

スポンサーリンク
新JIS
CE研究所 無影党バイポーラ大佐をフォローする
看護師が嫌になったから辞めました。

コメント

  1. 国試前な より:

    はじめまして。
    国家試験前にこれを見れてよかったです。
    ありがとうございます。
    1点、修正点を。
    接地漏れ電流はB型、BF型、CF型の全てで10倍の正常状態5000μA(50mA)単一故障状態10000μA(10mA)に
    の50mAは、5mAですよね。
    訂正をお願いします。

  2. 国試前な人 より:

    はじめまして。
    国家試験前にこれを見れてよかったです。
    ありがとうございます。
    1点、修正点を。
    接地漏れ電流はB型、BF型、CF型の全てで10倍の正常状態5000μA(50mA)単一故障状態10000μA(10mA)に
    の50mAは、5mAですよね。
    訂正をお願いします。

  3. 管理人 より:

    国試前な人さんへ
    はじめまして。
    コメントありがとうございます(^^)
    正常状態5000μA(50mA)
    の(50mA)は間違いで(5mA)でした。
    ご指摘ありがとうございますm(_ _)m修正しておきます。
    国試前にご覧いただきありがとうございます!
    国家試験無事に合格することを願っております!
    今後も臨床現場で使える情報なども更新していけたらと思いますので、
    合格後もご覧いただけたらと思います。
    またご指摘などありましたら教えていただけたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました