スポンサーリンク

ME1種 過去問研究つづき2

過去問第19回午後
問題2
非接地配線方式の問題です。
非接地配線方式が必須となっていない医用室を選ぶ問題ですが、一つ一つ必須と必須でない医用室を覚える勉強をしてもいいですがそれは効率が悪いですし、忘れます。
この問題も覚えているかいないかを聞いているのではなく
非接地配線方式を理解しているかを問うているのです。
非接地配線方式は臨床工学の勉強をしている人なら誰でも知っているでしょう!
ただしっかり理解してるかです。
非接地配線方式は、1つの機器の地絡事故(アースとショートしてしまう)が生じても地絡電流はほとんど流れず、電源は供給され続けます。ブレーカーまたはヒューズが飛んで、その電源に接続された機器が停止するということがないようにしているのです。
つまり停電して機械が停止することを防いでいるのです。
この問題は非接地配線方式が必須でない選択肢を選べ、
なので
簡単に機械が止まってしまっては困る部屋以外を選べばいいだけです。
体に侵襲のある処置をする可能性が高い部屋は機械が止まっては困りますね。
よって、心臓カテーテル室、救急処置室、内視鏡室は体に処置具などを入れることが想像できます。
よって非接地配線は方式が必須であることがわかり選択肢から消えるので答えが出せますね。
普通に考えたら国家試験、ME2種レベルの問題ですね。
ではまた!

スポンサーリンク
ME1種 ME技術実力検定 臨床工学
CE研究所 無影党バイポーラ大佐をフォローする
看護師が嫌になったから辞めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました