スポンサーリンク

ME1種の勉強法 午前

ME1種は、国家試験よりも問題が難しく合格率も低い試験ですが勉強の仕方さえ間違えなければ学生でも合格は可能です。むしろ学生の方が時間があるので勉強もしやすいでしょう。私も学生のうちに受験しました。
まずは、過去問を手に入れましょう。過去問は日本生体医用工学会、ME技術教育委員会の公式HPで購入することが可能です。最低でも3年分、5年分もあれば十分でしょう。
まず、一年分解いてみてください。
全く解くことができなかった人もいるでしょう。私も最初は全然だめでした笑(とくに午前)。
午前中の問題は電気電子の公式、化学、物理の公式、を覚えることが最低条件です。白本、教科書を使って確実にしておきましょう。
まずは解けなくてもいいので公式だけでも頭に入れてください。
公式を覚えたら過去問の解説を見ながら一つの問題を人に説明できるぐらいまで考えてください。
そして納得できた後もできれば毎日同じ問題を解いてください。解き方を覚えてしまうぐらいまでやってください。教科書、専門書を使って自分でやることもいいのですが、教員など知り合いにその専門に詳しい人がいれば教えてもらいに行くことが一番手っ取り早いです。
1年分を人に説明できるぐらいまでになったら3年分同じようにやってください。
午前中は特に知識よりも知恵なので勉強に少し時間がかかります。
がんばってください。
次は午後について書きます。
ME1種の本番での問題の解き方についてやME1種の午前の勉強法ではまだ言っておかなければならないことがありますので後々

スポンサーリンク
ME1種 ME技術実力検定 臨床工学
CE研究所 無影党バイポーラ大佐をフォローする
看護師が嫌になったから辞めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました