スポンサーリンク

ME2種 2週間で受かる勉強法

第2種ME技術実力検定試験の勉強方法ですがまず準備するものとして過去問が必要です。日本生体医用工学会、ME技術教育委員会の公式HPで購入することが可能です。
ある程度勉強に自身のある人、医療機関に勤めている人等で医学の知識がある人は過去問だけで合格可能です。過去問だけで十分ですが、過去問以外に対策用テキスト(白本)があればなおいいです。他のテキスト、学術書などは使うだけ時間の無駄です。
勉強方法としては過去問を解いて解説を読んでいく事です。(2~3年分)
自分の知らないことはノートに箇条書きでもいいので書いておく(汚くていいですノートがきれいである必要はありません)、知っていることは一切書かないことです。
解説を読んでも分からない納得のいかないことは白本などで調べて書きとめておいてください。納得するのに時間がかかる場合はその問題は忘れてください。白本に書いていないことは飛ばして大丈夫です。
このノートを毎日十分でいいので読むこと。とても重要です。何度も読んで次に何が書かれているか覚えてしまうぐらい読み繰り返します。
毎日一時間勉強するとしたら、のこった50分で白本の自分の弱い分野を目次から探して一日何ページなどの目標を決めて読み進めます。
どのような勉強にも言えることですが知っている事を何度も頭に入れても意味がありません。知らない、覚えていない知識を頭に入れていくのです。
上記ですでに知っていることはノートに一切書かないこととありますが実はこれが一番重要です!
時間がない場合は知っているか微妙な知識も勇気を出して切り捨ててください。明らかに知らないことだけを頭に入れるつもりで勉強してください。
これだけで二週間で受かることは可能です。
短期記憶で勝負するタイプの試験だと思います。
もちろん一か月もしくはそれ以上時間のある人は微妙な知識もノートにまとめていけばよいでしょう。
勉強が苦手でどうしても点が取れない人は、まず対策用テキスト(白本)を中心に使いましょう。白本を理解しながら読むことはとても時間がかかりますので理解できるところだけ理解して覚えていってください。理解できないところは飛ばすこと。白本で読み終わった分野から過去問を上記の方法で進めてください。
次回は本番での問題の解き方を解説します。

スポンサーリンク
ME2種 ME技術実力検定 臨床工学
CE研究所 無影党バイポーラ大佐をフォローする
看護師が嫌になったから辞めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました