スポンサーリンク

ME2種あと半日でできること

明日はME2種ですが直前に言っておきたいことがあります。
まずあと半日は暗記すること全力を注いでください。
過去問をたくさん解くような勉強法はしなくてもいいです。
理解していないところを調べて理解できるようにするようなことも絶対にしないでください。
とにかく自分のまとめたノートや参考書(私は白本を薦めてますが)の中で自分が覚えていないところをとにかく覚えていきましょう。
例えば漏れ電流の数値や生体計測機器の時定数、周波数帯をまとめてある表、透析液の組成、医療ガスの色、流量、圧などあげればたくさんありますがとにかくできるだけ覚えてください。
呼吸器、透析、人工心肺、その他治療機器の知識も自分が理解できているところだけでいいので確認して抜けがないように覚えてください。
多分自分が覚えなけえればいけないと思っていることの半分も覚えることができないかもしれません。
でもそれでいいんです。とにかく一度計算問題以外のすべての分野に目を通してください。
時間的余裕がないときほど、切羽詰まっているときほど覚えることに集中でき、普段の2倍3倍効率よく記憶できるんです。
計算問題はもう解かなくていいです。
あとは公式を本番でど忘れしないように一通り紙に書いておきましょう。それだけでいいです。
どうしても練習不足の計算問題があるなら一番苦手な一問だけにしておきましょう。それ以上は時間の無駄です。
私も受験当時ME2種の勉強は全然できていませんでしたので、過去問で合格点をとることができていませんでした。
でも直前に追い込んだ甲斐があってなんとか合格することができました。
なので合格できそうにないと思っている方がいましたらまだあきらめないでください。
分からない問題でも選択肢を絞ることはできるはずです。
私は一夜漬けが得意なタイプなのでME2種の前日は夜の3時ぐらいまで暗記の作業をしていました笑(会場から近いホテルに泊まっていたので笑)
マネはしないほうがいいとは思いますが、それぐらいの気合で勉強したらたくさん知識を詰め込むことはできるはずです。
当日はレッドブルなどでしのいだ記憶があります笑
こんなまとまりのない記事を読むために時間を使わせて申し訳ありませんでした。
ごめんなさい、それではすぐに暗記の作業に入ってください笑
それではまた。
↓の記事は本番で使えると思います。

ME2種の特徴
↓は本番での解き方、時間の使い方についての記事で、これは必ず実践してほしいです。

ME2種本番での問題の解き方

スポンサーリンク
ME2種 ME技術実力検定 臨床工学
CE研究所 無影党バイポーラ大佐をフォローする
看護師が嫌になったから辞めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました